FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩こり・五十肩にも鍼!

肩こりに鍼、というのは結構知られている話ですよね。
最初に鍼灸院に来るきっかけのほとんどが 肩こりや腰痛 だと思います。

中医学では、肩こりも 気・血・水 がどうなっているかを探ります。
前回の『生理痛』の回でも書きましたが、中医学における痛みの原則は2つ。

① 通じざれば痛む (実証)
② 栄養されなければ痛む (虚証)

この2つですが、肩こりもこの原則が当てはまります。

急な激しい痛みの肩こりや初期の五十肩は ① 通じざれば痛む (実証) の可能性が高く、
慢性的で痛みはあるのだけどさほどでもないというような肩こりや慢性期の五十肩は
 ② 栄養されなければ痛む (虚証) ことに原因がある可能性が高いのです。
もちろん肩こりが長引けばその分、病態は複雑になりますので、①と②が同時に起こる場合もあります。

鍼灸治療に来る方はほとんど慢性化している場合が多いと思います。
その場合は ②栄養されなければ痛む (虚証) が考えられます。
① 通じざれば痛む (実証)  場合もありますが、この場合は、
普段はそんなに肩こりは感じないけど、冷えが入って普段よりも痛むといったように、
普段の肩こりと違う肩こりの場合があると思います。
またイライラしたりストレスが溜まったりして肩こりがひどくなる場合は① 通じざれば痛む (実証) が考えられます。

肩こりの痛む場所に鍼を刺せば筋肉は緩み肩こりは緩解されます。
これは原因が①でも②でも同じです。
この時点で治療が終了してしまうと、また肩こりはぶり返します。
何故なら、おおもとの原因が解消していないからです。

②の場合、例えば、「血」が足りずに筋が栄養されず痛む場合、
痛むところだけ治療しても、その時は楽になりますが、
結局「血」が足りないのですから「血」が補われない限りその痛みは取れません。
また①の場合、例えば「血」が滞って痛む場合も、その滞りが取れない限りは
また痛みは出てくるのです。

という具合に、治療行ってもなんだかすぐ戻るのよね、という場合は、
多少時間がかかっても、もう痛みは嫌だ、という気持ちがあるならば、
腹を据えて「おおもと」の原因を取り除く治療をされてみませんか?

スポンサーサイト
著書
わたしの東洋医学
エキテン
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
女性鍼灸師  はり灸 ながつづき

engin10ayu

Author:engin10ayu

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。